« お好み焼きが大ブーム? | メイン | 抱っこの好きな犬 »

2010年10月12日 (火)

秋はミルクティーがおいしい

寒くなってくると、冷蔵庫の引越しのようにいろいろと大変ですが、

なぜかミルクティーがとっても飲みたくなりますよね。

お気に入りのミルクティーの入れ方です。

以前は100パーセント牛乳だけで作ってたんですけど、
最近は、少しお湯も加えています。
そうすると、紅茶の葉が良く開いて、香りが立つという

ブライトスティックぐらい気になることを聞いたので、そうしてます。

それでは、う~んと濃いミルクティの作り方です。

ホウロウのお鍋にお湯を沸かしておきます。
あとから牛乳を入れるから少なめで大丈夫ですよ。

紅茶の葉は、お椀状の器で少量のお湯で湿らす程度にかけるんです。
葉を少し開かせてから、沸騰しているお湯に入れます。

そしてあとはうんと弱火でくつくつ煮込みます。

これは、眼瞼下垂などの病気における治療ぐらい重要ですよ。
強火で煮ると紅茶の味が苦くなってしまいますから。

それで、紅茶が深いルビー色に抽出されたら、牛乳を好きなだけ入れて、
ふきこぼさないように煮込みましょう。

これで出来上がり!

ホウロウのお鍋を洗う手間が増えるけど、
ポットで作った紅茶に牛乳を入れるよりずっとおいしいですよ。

人気ワード

医師との恋愛 | 中高年の見合い | Lカルニチンダイエット